「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:デジコミ( 3 )

 

まず始める前に2

周辺機器、準備していたほうがいい物は、

「タブレット」と「A3のスキャナ」です。

データー入稿ができなければ、当然レーザープリンターも必要になります。

<タブレット>
細かい作業ができるので、家のデジコミでは必需品です。
原稿のアタリ作業までは、マウスでも十分できますが、仕上げになると早さが違います。
小さいサイズの物で十分なので、買って使いこなすことはお勧めします。

家のタブレットは、ワコムのintuosとfavoです。

<A3のスキャナ>
これは、高いです~、汗
それも、IEEEケーブルがつくと尚良いです。
一番時間がかかると言って過言でない、スキャナ作業…。
漫画は、B4サイズの原稿ですから、A3を買うしかないのです。
分割して取り込めば、良いではないかと言われる方もいらっしゃるでしょうが、実際30ページだと60回スキャナを取らなければならないうえ、分割したものを1枚に繋げる作業が、なかなかうまくできないものです。

価格はA4のスキャナの10倍近くです。
価格は15万円前後です。

時間をとるか、価格をとるかどちらかですが、プロの漫画家さんでいらっしゃるのなら間違いなくA3のスキャナを勧めます。

家のスキャナは、エプソンのES-6000HSです。

<レーザープリンター>
最近は、価格が下がってきました。
もちろん、A3の物です。

家は、エプソンのLP-8700です。

ソフトも、次の2つあると便利です。

<デジコミツールズ>
集中線が、本当に簡単に引けます!
商品の詳細は、下記のURLより
digicomi Tools

<パワートーン3>
今はセルシスから、出ているはずです。
トーンが、たくさん入っています。
印刷に出やすいトーンが入っていますので、便利です。
商品詳細は、下記のURLです。

CELSYS
[PR]

  by asamiouba | 2004-08-19 01:52 | デジコミ

macの場合

図のフォトショップのアイコンを「1クリック」してください。
「ダブルクリック」すると、フォトショップが開いてしまうので、要注意!
          ↓
アイコンの色が変ったことを確認して
「ファイル」をクリック
          ↓
「情報を見る」をクリック
          ↓
「メモリ」をクリック
            
b0009566_1392569.gif

そうすると、下記の図の
Adobe  Pootoshop5.5情報のフォルダが出てきます。
Winとはやり方が、違います。

図のフォトショップのアイコンを「1クリック」してください。
「ダブルクリック」すると、フォトショップが開いてしまうので、要注意!
          ↓
アイコンの色が変ったことを確認して
「ファイル」をクリック
          ↓
「情報を見る」をクリック
          ↓
「メモリ」をクリック
            

そうすると、下記の図の
Adobe  Pootoshop5.5情報のフォルダが出てきます。
赤で囲んだところに、家の数値を参考に入れてください。

b0009566_1424277.gif

仮想メモリを”切”にすることもお忘れなく。
 「アプリケーション」から「コントロールパネル」を開き、「メモリ」をクリックすると、仮想メモリの”入切”が設定できます。
[PR]

  by asamiouba | 2004-08-18 01:43 | デジコミ

ここが便利なフォトショップ1

実は、デジコミは手で描く作業より時間のかかるものがあります。
手で描く作業では、やらなくてはよい作業があるからです。

また、作業過程も後ほど、説明しますがまずは原稿をスキャナする時間(解像度600dpiですから、作家さんに寄っては1200dpiでとられる方もいます)、ゴミ取り
、保存、印刷などです。

トーンがいらないと言う以外にも実はもっと便利な機能があるのです。

アイコンを1つクリックして、ある作業をします、そして作業が終わったら、もう1度アイコンを押します。
そうすると、作業を全部数値から手順をそのまま覚えてくれるシステムがあるのです。

例えば、後でアップする写真加工(デジタルカメラで撮ってきた写真を印刷に出るようにする作業)なども、1枚加工をしてしまうのに20分間かかるものが、実はその便利なシステムで、覚えてもらうとアイコン1クリックして、2分間で終わります。

特に、モノクロ原稿の漫画は同じ作業をすることが多いので、このシステムを使わない手はありません。
作業を自動化するシステムを、「アクション」といい、1枚だけでなく何十枚でも複数の原稿でも同じ作業ができるシステムを「バッチ」といいます。

例えば、10枚写真を加工しようと、「バッチ」を使わなくてやっていたら3時間20分かかります。
しかし、「バッチ」を使えば、加工したい写真を同じフォルダに入れるだけで、指定したフォルダへ20分間で、パソコンの前に座っていなくてもできるのです。

3時間もの間に、次の原稿に入ったり他のことができるのです。
フォトショップを持っていらっしゃるのなら、これを使わなければ、本当に損です。
家も、本当にたくさんのアクションを作っているんですよ。
b0009566_2331057.gif
[PR]

  by asamiouba | 2004-08-11 23:04 | デジコミ

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE