「ほっ」と。キャンペーン

解像度1

原稿をスキャンをするときに、解像度の設定があります。
お勧めは、モノクロ原稿の場合は600dpiまたは1200dpiです。
カラーの場合や、ネームなどは、300dpiでも良いです。

数字が大きければ、大きいほどなめらかなきれいな細かい線が出ます。
そのかわり、解像度を高くすると、メモリが重くなりパソコンの動作に時間がかかります。(1200dpiは、本当に重いです~)
どの解像度が、自分に合うかどうかは、スキャンをして、自分で確認するしかありません。
ただし、解像度は300、600、1200dpiのどれかのほうが、プリントアウトする上でも、後で問題が出にくいです。

スキャンした原稿が画面に出てきたら、次のように確認をしてください。

  「イメージ」をクリック
       ↓
  「画像解像度」をクリック
       

そうすると、スキャンした段階の解像度が表示されます。
フォトショップでは、用途に合わせてその解像度が変えられます。
ただし、初めに300dpiでスキャンをしたものを、後で「失敗をした~!」と思って、600dpiに変えても、600dpiの画質には、なりません。
画質は変らず、2分の1倍に原稿用紙のサイズがなるだけなので、そのときは、もう1度600dpiで取り直すしかありません。
1200dpiで取ったものは、原稿サイズに気をつければ600dpiにすることは、可能です。

「縦横比固定」にも、チェック入れておくと、どんなに変更しても安心です。

「画像の再サンプル」の横に、「バイキュービック法」と、「バイリニア法」、「二アレストネイバー法」のどれらかを選ぶようになっていますが、間違いなく「二アレストネイバー法」を、選択してください。
縮小拡大したときに、開く隙間を埋めるための方式なのですが、解像度の数値と同様、これも線をきれいに出す方法で、「二アレストネイバー法」が、線がなめらかになります。
b0009566_2521912.gif
[PR]

  by asamiouba | 2004-08-21 02:51

<< 解像度2(中級編) まず始める前に2 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE