「ほっ」と。キャンペーン

専門学校講師が決まりましたので

2月中旬以降より、また更新を始めます。
専門学校でデジコミも教えるので、このブログもさくさく進めて準備しないとですね♪
「マンガ科1年コース」で日曜日5時間教えることになりました。
東京デザイン専門学校

今年の春から、はじめて開講されるのですよ~

私のお仕事風景というブログで更新が滞ったお詫びで、「枠線引き」というPCで簡単に枠線が引けるアクションを公開しています。
どうぞお気軽にDLしてください^^

桜庭あさみの仕事風景

この枠線引きで必要な細かいツールは、このブログでで説明いたします。

枠線引きアクションを使うための必要な知識は
・鉛筆ツールで、直線を引くこと
・塗りつぶしの方法
・選択範囲で境界線を引く
・クイックマスク
・アクションの読み込み方
・アクションの使用の仕方
・バッチ(複数アクションをかける方法)

これがこちらのブログでこそ、説明できることなので、連動しながら説明します。

ただ上の知識がなくとも、私のブログの通りやってもらえれば、できますよ^^
では、また2月中旬、お会いしましょう~
[PR]

  # by asamiouba | 2007-01-19 23:51

トラックバックは不可の方向にまいります

母の看病でばたばたしているうちに、外国からのラックバックがひどく、日本語で注意してもだめでしょうから、この分ではトラックバック不可の方向でまいります。
お許し下さい。

URL拒否もめんどくさくなるほどスパムが多いです…。
[PR]

  # by asamiouba | 2006-10-20 05:45

RGBカラーとCMYKカラー

デジコミをやる際に、必ずしっていてほしいカラーの区別です。
まずは、同じ絵で比べてみてください。

RGBカラーの絵
b0009566_22225139.jpg


一般的に表示される色。
カラーを塗るとき、モノクロ原稿をやるとき、WEB用のカラーです。

CMYKカラーの絵
b0009566_22245024.jpg


RGBカラーより色数が少ないので、色がくすみます。
商業用雑誌が4色カラーのために、データーで渡すときはかならずこのカラーで渡します。

この2つを見ればRGBカラーが断然きれいで使い勝手がよいのですが、CMYKカラーのチャンネルがいろいろなデジコミの作業をする上で、大変重要な役割を果たします。

メニューの「ウィンドウ」から、チャンネル表示ができます。

b0009566_22285624.jpg


このチャンネルをどう利用をするかは長くなるので、また次回説明をいたします。

追記:
RGBカラーとCMYKカラーについて、詳しく次のサイトのしもまゆさんがご説明になられているので、あわせて読んでくださるとわかりやすいと思います。
このサイトはあくまでも、フォトショップの機能をデジコミにどのように使うかの説明講座なのです。

画像加工の便利長
[PR]

  # by asamiouba | 2006-08-25 22:29 | フォトショップ

解像度2(中級編)

画像の中で、一番小さい点(本当は四角)を1ピクセル(ドット)といいます。
そのピクセルが、どれくらい集まっているかと言うのをdpi(1インチあたりのドット量)を単位として、解像度は表します。

決まった画像のサイズの中で、この点(1ピクセル)が多ければ、なめらかな線が表現できることは、ご想像が出来ると思います。
それは、解像度1のところで説明をいたしました。

デジコミは、線画にトーンを張ったり、または別スキャンをしたりした張り込みの背景などを貼るために、それぞれの解像度が大変重要になります。
線画、トーン、張り込みの背景の3枚別々に、解像度が存在をするからです。
全部統一して、取り込んだり設定をしていれば、すむことですが、市販のソフトや、インターネットでフリーでダウンロードしたりしたものを、実際に貼ってみたら、すごく点が大きくなったり、荒くなったりしたことは、ありませんか?
それは、解像度が違っているからです。

同じサイズで取り込んだはずなのに、実際に画像サイズが違うのは、解像度が違うせいです。
72dpiと、300dpiの次の画像のサイズの違いを次のイラストで比べてみてください。
これだけ、実際に違います。
2つとも解像度のウィンドウでは、同じサイズになっています。
b0009566_035289.jpg




b0009566_0451.jpg

[PR]

  # by asamiouba | 2004-10-28 00:04 | フォトショップ

解像度1

原稿をスキャンをするときに、解像度の設定があります。
お勧めは、モノクロ原稿の場合は600dpiまたは1200dpiです。
カラーの場合や、ネームなどは、300dpiでも良いです。

数字が大きければ、大きいほどなめらかなきれいな細かい線が出ます。
そのかわり、解像度を高くすると、メモリが重くなりパソコンの動作に時間がかかります。(1200dpiは、本当に重いです~)
どの解像度が、自分に合うかどうかは、スキャンをして、自分で確認するしかありません。
ただし、解像度は300、600、1200dpiのどれかのほうが、プリントアウトする上でも、後で問題が出にくいです。

スキャンした原稿が画面に出てきたら、次のように確認をしてください。

  「イメージ」をクリック
       ↓
  「画像解像度」をクリック
       

そうすると、スキャンした段階の解像度が表示されます。
フォトショップでは、用途に合わせてその解像度が変えられます。
ただし、初めに300dpiでスキャンをしたものを、後で「失敗をした~!」と思って、600dpiに変えても、600dpiの画質には、なりません。
画質は変らず、2分の1倍に原稿用紙のサイズがなるだけなので、そのときは、もう1度600dpiで取り直すしかありません。
1200dpiで取ったものは、原稿サイズに気をつければ600dpiにすることは、可能です。

「縦横比固定」にも、チェック入れておくと、どんなに変更しても安心です。

「画像の再サンプル」の横に、「バイキュービック法」と、「バイリニア法」、「二アレストネイバー法」のどれらかを選ぶようになっていますが、間違いなく「二アレストネイバー法」を、選択してください。
縮小拡大したときに、開く隙間を埋めるための方式なのですが、解像度の数値と同様、これも線をきれいに出す方法で、「二アレストネイバー法」が、線がなめらかになります。
b0009566_2521912.gif
[PR]

  # by asamiouba | 2004-08-21 02:51

まず始める前に2

周辺機器、準備していたほうがいい物は、

「タブレット」と「A3のスキャナ」です。

データー入稿ができなければ、当然レーザープリンターも必要になります。

<タブレット>
細かい作業ができるので、家のデジコミでは必需品です。
原稿のアタリ作業までは、マウスでも十分できますが、仕上げになると早さが違います。
小さいサイズの物で十分なので、買って使いこなすことはお勧めします。

家のタブレットは、ワコムのintuosとfavoです。

<A3のスキャナ>
これは、高いです~、汗
それも、IEEEケーブルがつくと尚良いです。
一番時間がかかると言って過言でない、スキャナ作業…。
漫画は、B4サイズの原稿ですから、A3を買うしかないのです。
分割して取り込めば、良いではないかと言われる方もいらっしゃるでしょうが、実際30ページだと60回スキャナを取らなければならないうえ、分割したものを1枚に繋げる作業が、なかなかうまくできないものです。

価格はA4のスキャナの10倍近くです。
価格は15万円前後です。

時間をとるか、価格をとるかどちらかですが、プロの漫画家さんでいらっしゃるのなら間違いなくA3のスキャナを勧めます。

家のスキャナは、エプソンのES-6000HSです。

<レーザープリンター>
最近は、価格が下がってきました。
もちろん、A3の物です。

家は、エプソンのLP-8700です。

ソフトも、次の2つあると便利です。

<デジコミツールズ>
集中線が、本当に簡単に引けます!
商品の詳細は、下記のURLより
digicomi Tools

<パワートーン3>
今はセルシスから、出ているはずです。
トーンが、たくさん入っています。
印刷に出やすいトーンが入っていますので、便利です。
商品詳細は、下記のURLです。

CELSYS
[PR]

  # by asamiouba | 2004-08-19 01:52 | デジコミ

macの場合

図のフォトショップのアイコンを「1クリック」してください。
「ダブルクリック」すると、フォトショップが開いてしまうので、要注意!
          ↓
アイコンの色が変ったことを確認して
「ファイル」をクリック
          ↓
「情報を見る」をクリック
          ↓
「メモリ」をクリック
            
b0009566_1392569.gif

そうすると、下記の図の
Adobe  Pootoshop5.5情報のフォルダが出てきます。
Winとはやり方が、違います。

図のフォトショップのアイコンを「1クリック」してください。
「ダブルクリック」すると、フォトショップが開いてしまうので、要注意!
          ↓
アイコンの色が変ったことを確認して
「ファイル」をクリック
          ↓
「情報を見る」をクリック
          ↓
「メモリ」をクリック
            

そうすると、下記の図の
Adobe  Pootoshop5.5情報のフォルダが出てきます。
赤で囲んだところに、家の数値を参考に入れてください。

b0009566_1424277.gif

仮想メモリを”切”にすることもお忘れなく。
 「アプリケーション」から「コントロールパネル」を開き、「メモリ」をクリックすると、仮想メモリの”入切”が設定できます。
[PR]

  # by asamiouba | 2004-08-18 01:43 | デジコミ

まず始める前に1 <Winの場合>

フォトショップを開いて、メモリの割り当てをしてください。
パソコンをお持ちになっている方は、メモリと言うのは、おわかりになると思いますが、デジコミの原稿は大変データーが重いので、パソコンにつんでいるメモリの中で、何十%と設定をしないと、フリーズしたり動作の遅い原因になります。

フォトショップの「ファイル」をクリック
      ↓
「ファイル」の中の「環境設定」をクリック
      ↓
「メモリ・画像キャッシュ」をクリック
      ↓
%のところに、数字を入れます。
      ↓
     再起動

家は、メモリが1GBありますので、50パーセントにしていますが、持っているパソコンで違うと思うので
赤で囲んだところの数値を参考にしてください。b0009566_1562962.gif
[PR]

  # by asamiouba | 2004-08-15 15:08 | フォトショップ

ここが便利なフォトショップ2

色マジックです。
フォトショップにあるカラーモードのRGBカラーと、CYNKカラーは、チャンネルと言うものがあり、チャンネルを捨てることで、1色だけ色を抜いたり、1色だけ色を残すことができます。

それの何がデジコミに役立つかというと、トップでアップしている手順をごらんになってください。
家は、アナログでペン入れをしますから、原稿をスキャンするとき、水色のアタリの線とペン入れした黒の色が2色あるわけです。
当然、水色のアタリの線が邪魔なので、チャンネルを表示して、そのチャンネルを捨てれば黒い色しか残らないのです。

それ以外でも、家は写真を黄色1色に変えて原稿用紙に印刷をして、直接それにペン入れをしてもらってから、もう1度スキャンをして、黄色の色を抜けば、写真トーレスが出来上がりです。
トーレス台がまずいりません。
鉛筆で下書をすることもなく、消しゴムもほとんどかけずに、写真トーレスができるようにしています。

色ヌキのマジックです。

カラーモード、チャンネルの説明は、また後でいたします。b0009566_1503334.gif
[PR]

  # by asamiouba | 2004-08-13 01:52 | フォトショップ

ここが便利なフォトショップ1

実は、デジコミは手で描く作業より時間のかかるものがあります。
手で描く作業では、やらなくてはよい作業があるからです。

また、作業過程も後ほど、説明しますがまずは原稿をスキャナする時間(解像度600dpiですから、作家さんに寄っては1200dpiでとられる方もいます)、ゴミ取り
、保存、印刷などです。

トーンがいらないと言う以外にも実はもっと便利な機能があるのです。

アイコンを1つクリックして、ある作業をします、そして作業が終わったら、もう1度アイコンを押します。
そうすると、作業を全部数値から手順をそのまま覚えてくれるシステムがあるのです。

例えば、後でアップする写真加工(デジタルカメラで撮ってきた写真を印刷に出るようにする作業)なども、1枚加工をしてしまうのに20分間かかるものが、実はその便利なシステムで、覚えてもらうとアイコン1クリックして、2分間で終わります。

特に、モノクロ原稿の漫画は同じ作業をすることが多いので、このシステムを使わない手はありません。
作業を自動化するシステムを、「アクション」といい、1枚だけでなく何十枚でも複数の原稿でも同じ作業ができるシステムを「バッチ」といいます。

例えば、10枚写真を加工しようと、「バッチ」を使わなくてやっていたら3時間20分かかります。
しかし、「バッチ」を使えば、加工したい写真を同じフォルダに入れるだけで、指定したフォルダへ20分間で、パソコンの前に座っていなくてもできるのです。

3時間もの間に、次の原稿に入ったり他のことができるのです。
フォトショップを持っていらっしゃるのなら、これを使わなければ、本当に損です。
家も、本当にたくさんのアクションを作っているんですよ。
b0009566_2331057.gif
[PR]

  # by asamiouba | 2004-08-11 23:04 | デジコミ

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE